足立区は北千住に店を構える注文紳士服店「オーダースーツのメンズギャラリー福田( http://www.fukudatailor.jp/ ) 」のブログです。
オーダースーツのメンズギャラリー福田日記
外国のお客様
2007-03-31-Sat  CATEGORY: 店内の様子・雑談
 とあるお客様からユリの花を頂戴しました。
ohana070331.jpg

香りでとても心が落ち着きます。ありがとうございます。

 外国の方のお客様も少なくない当店ですが、先日は中国の方に
洋服を作っていただけました。その方いわく、中国ですと2万円ほどで紳士服が作れるそうですが、どうしても日本で作りたかったそうです。
 
 できた紳士服は中国へ発送されます。メンズギャラリー福田製のスーツが海外で着られているとは何とも嬉しいこと。好好!

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
季節外れの服装
2007-03-28-Wed  CATEGORY: 未分類
団塊世代に関する記事が、新聞各社によく掲載されます。
私も67歳ですから、団塊世代に近い年齢層ですね。

新聞記事によると、仕事を終え、スーツを着なくなった団塊世代の方々がジャケットに興味を持っているそうです。

私も店以外ではジャケットを好み、コーデュロイで作ったシャツ袖ジャケットなどを着ていますと、「格好いいジャケット」とか「良い服着てるね」などと言われます。

ジャケットは団塊世代の普段着として着こなせそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
3月というシーズン
2007-03-27-Tue  CATEGORY: 未分類
3月は、当店の経験では、お客様の数が比較的少ない月です。
お彼岸に確定申告、入学や入社と何かと忙しく、洋服を作るという
時間がないのでしょう。

そんな3月ですが、今年は例外なようで好調です。
3月26日は平日にもかかわらず、たくさんのお客様にお越しいただけました。中でも、15年も前に当店で洋服を作ったお客様や、大学の頃からの友人など思いがけない方々が来店。

長くお店をやっていると嬉しいことがあるものです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
春分の日
2007-03-22-Thu  CATEGORY: お食事
春分の日の前日(定休日)は家族で先祖の墓参りに行ってきました。

まずは食事の話から。
かつ太郎というチェーンのとんかつ店で昼食。


katutaro.jpg


びっくりとんかつ、というのを息子が頼んでいました(上の写真)。
私が頼んだロースかつの1.5倍程の大きさでした。
(息子は店を出た後に、ファミリーマートで胃腸薬を買っていました。
ですが、これは息子の体質によるものでしょう)

とんかつの衣もさくさくで、サービスもよかったです。
家族の美味しそうな顔を見ると、満足度は80点といったところでしょう。

ただ、洋服屋の観点ではかつ太郎店員の服装が少々問題でした。
男性のズボンはよれよれで、女性は女将風の服装なのですがよく見るとスカートで和服の良さを出したいのに失敗しているような気がします。

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
小菅の東京拘置所
2007-03-16-Fri  CATEGORY: 未分類
堀江被告の実刑判決がでましたね。
北千住と小菅は隣駅で、堀江被告が小菅の東京拘置所に入る日は
周辺が賑やかな日となるでしょう。
報道ヘリがすごくたくさん飛んでくるんですよ。

また、東京拘置所の周囲は堀(幅は3mほど)がありまして、
そこには亀がたくさん住み着いています。

亀たちも報道陣の多さに、きっと驚くことでしょう。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
アントン・ヘーシングのような
2007-03-15-Thu  CATEGORY: 未分類
私の妻が北千住のスーパーで買い物をしていたところ、
当店で何度かスーツを作ったオランダ人のお客様と会ったそうです。

まるでオランダの巨人アントン・ヘーシングのようなガッチリとした
方で(東京オリンピックの柔道の選手です、古い話ですみません)、
「夏物の生地が入りましたか?」と聞かれたそうです。

その人いわく、オランダに帰国するごとに数キロ体重が増加するそうです。そして日本に来て生活すると、不思議と体重が落ちるそうです。
日本はダイエットに向いた国なのでしょうか?
それとも、オランダの食事が栄養のありすぎるものばかりなのでしょうか?

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
紳士服への愛着
2007-03-13-Tue  CATEGORY: 未分類
こんにちは。

 何事にもプロセスは大事です。例えば競馬(競馬は大きなレースだけ嗜んでいます)。ゴールの瞬間が一番興奮できて大事な瞬間なのは分かりますが、その高揚感も直線やカーブの競り合いがあって生まれます。推理小説、映画、ゲーム、あらゆるものに「プロセスの重要性」はあると思います。

 スーツもまた然り。既製品は競馬で言うゴールの瞬間そのものですが、オーダースーツは作る過程「プロセス」から参加していただけます。その分、できたものに対する親しみが強くなると思います。長く大切に来たいと思うことでしょう。皆さまに工程から参加していただくことの楽しみを共有してもらいたい、私はそう思っております。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
当初から予測はできたことですが…
2007-03-07-Wed  CATEGORY: 未分類
お世話様です。店長代筆の営業店員です。

店主はブログはおろかインターネットもさっぱりな方なので、
新規記事作成が遅れております。

営業店員「店長、ブログの原稿お願いします」
店長「うーん、ここの下りがどうもね…」
営業店員「原稿用紙何十枚分あるんですか! こんなに長いブログ読む人いませんよ…」
店長「そうなのかい?」

こんな感じです。2日に一度は原稿を催促したいところではありますが、
店員と店長という立場上強くは言えません(笑)。
その点ご理解いただきたいと思います…。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 オーダースーツのメンズギャラリー福田日記. all rights reserved.