足立区は北千住に店を構える注文紳士服店「オーダースーツのメンズギャラリー福田( http://www.fukudatailor.jp/ ) 」のブログです。
オーダースーツのメンズギャラリー福田日記
スラックスの内股が破れやすいお客様へ
2012-03-21-Wed  CATEGORY: スーツのお直し
 朝から強風の吹く一日でした。店の前の情報掲示板も風で倒れてしまうので、店の中にしまっておきました。

 最近、自社他社問わず、スラックスのお直しが持ち込まれます。歩いているうちに、スラックスの股の部分が擦れて薄くなり、破けそうになっている(破けてしまった)という依頼が多いようです。

 下の写真は内股が破けたスラックスをリフォームしたものです。お尻の下のほぼ見えない部分ですので、同じような生地を裏から当て、ミシンで細かく縫いました。縫いあとは目立ちますが、破けているよりはるかにマシです。
内股が破れたズボンを修復

 このようにスラックスの内股が薄くやすい(破けやすい)方は、あらかじめズボンの内側に補強布を付けておくとよろしいでしょう。

↓スラックスの内股両側にギャザーのような布を付けておくことで、いくぶん破れにくくなります。
スラックスの内側を補修

 スラックスにとんでもなく大きな穴ができてしまった場合、修理は絶望的です。残されたジャケットを有効活用したいですね。

 紺無地のスーツは、釦をメタル釦へ付け替えてブレザーへと変身させましょう。雰囲気がガラッと若々しく変わり、ブレザー+パンツの組み合わせができるようになります。

紺無地のスーツの上衣を釦を付け替えてブレザーにする

↓双頭のワシのメタル釦に付け替えました。
双頭のワシのメタル釦

 このようなお直しは、当店へお持ちください。当社の服はもちろん、他社の物もお引き受けいたします。
本格的に春になりますと、修理も増え、職人の確保が難しくなります。サイズ直しもお早めにどうぞ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オーダースーツのメンズギャラリー福田日記. all rights reserved.