足立区は北千住に店を構える注文紳士服店「オーダースーツのメンズギャラリー福田( http://www.fukudatailor.jp/ ) 」のブログです。
オーダースーツのメンズギャラリー福田日記
HARRISONSのモヘアシリーズ「EVOLUTION」より「The60's」、「TheBondEra」、TheNewEra」
2012-04-27-Fri  CATEGORY: 生地
※2012年ゴールデンウィークは通常営業いたします(火曜のみ定休日。土、日、祝日営業※

 夏用スーツ服地として愛用されてきたモヘア(アンゴラ山羊の毛)。高品質なアフリカ・カンデブー産のモヘアを活用した服地が、Harrisons of edinburgh(ハリソンズオブエジンバラ)の「EVOLUTION(エボリューション)」というシリーズです。これも当店では随分扱ってまいりました。

↓赤いバンチブックに生地見本が収録されています。
ハリソンズオブエジンバラのエボリューション

 「EVOLUTION」はモヘアの混紡率によって、3タイプに分かれています。まず、ウール55%とモヘア45%という割合の「The60’s」。目付は3タイプの中で一番重い、340~370gms。
The60'sの現物

 モヘアの割合を60%まで引き上げ、ギラついた光沢としなやかなタッチが特徴の「TheBondEra」。240gmsと目付も軽く夏スーツに適しています。
HarrisonsofedinburgのEvolution「TheBondEra」


 ピュアモヘアの「TheNewEra」。バリっとした見た目の硬さ。純度の高いモヘアスーツです。目付は200~220gm
HarrisonsofedinburgのEvolution「TheNewEra」

 ギラリと光るモヘアスーツは粋な雰囲気を漂わせます。
これらは英国製ですが、国産各社でもモヘア服地はいろいろ出ております。違いを探してみるのも面白いですね。

 「モヘアの鉄のような光り方が苦手」という方もいらっしゃいますが、モヘアファンのほうが多いように見受けられます。夏スーツのローテーションにぜひ、モヘアスーツをご検討ください。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
The New Era
コメントRoby | URL | 2012-05-21-Mon 09:01 [EDIT]
いつも拝見させて頂いています。

The New Eraでスーツの作成は可能でしょうか。
生地としては相当デリケートな感じでしょうか。

アドバイスお願いします。
コメント福田ミノル | URL | 2012-05-21-Mon 21:16 [EDIT]
Roby様

 コメントありがとうございます。
はい、英国からTheNewEra服地を取り寄せ、スーツをお作りすることができます。

 サマーキッドモヘア100%の物ですから、バリッと堅い生地です。デリケートという風合いではありません。

 このNewEraのサンプル帳が外に出ているときがありますので、お手数ですがご来店予定日をお知らせいただけますと助かります。

 作る作らないは別としまして、今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 オーダースーツのメンズギャラリー福田日記. all rights reserved.